ブラック企業が存在するおかげて就職ナビサイトは儲かる|「就活」という広告ビジネスより

就活をする男性

就職・転職する人にとってなんとしても避けたい存在であるブラック企業。労働者にとって完全に敵であるブラック企業。

しかし、そんなブラック企業の存在によって潤う産業があります。

それが就活産業です。

特に就職サイトを運営する企業にとって、ブラック企業は実にありがたい存在です。

ブラック企業のおかげで就職ナビサイトは儲かる

「リクナビ」「マイナビ」「Indeed」「タウンワーク」など就職サイトはたくさんあります。

そんな就職サイトにとってブラック企業はお得意様です。

ブラック企業があるから就職サイトは儲かります。

なぜならホワイト企業よりもブラック企業のほうが、頻繁に求人を掲載してくれるからです。

ブラック企業は頻繁に求人を掲載してくれる

ブラック企業はよく人が辞めるので、常に人手不足です。

毎年、新卒採用を行い、平行して中途採用も行います。

常に人手不足だからこそ、ブラック企業は常に就活サイト・求人サイトに求人を掲載します。

だから求人サイトにとっては、ブラック企業はお得意様なのです。

就活産業が作るメディアにお金を払っているのは、採用企業であって、就職活動している学生ではありません。

お金さえ払ってくれるなら、その企業が労働基準法を守っているかなど関係ありません。

「就活」という広告ビジネス p12

このように就活サイト・転職サイトにとっては、お金を払って求人を掲載してくれるなら、ブラック企業だろうがなんだろうが関係ないわけです。

しかし、就活サイトに掲載される企業は、「夢」「成長」「業界トップクラス」など聞こえの良い言葉を並べています。

それを鵜呑みして多くの人がブラック企業へと沈んでいきます。

しかし就活産業にとって、就活生、転職者がブラック企業に流れていくのは好ましいことです。

なぜなら企業と人のミスマッチが多ければ多いほど、就活産業は潤うから。

ミスマッチで就活産業は潤う

ミスマッチこそ就活産業にとって儲けの種です。

ミスマッチがあれば転職を考えるようになります。

そしてまた就職サイト(転職サイト)を使うからです。

新卒にときに就職サイトを使いミスマッチで退職する。また就職サイト(転職サイト)を使って就活を行う。

 

企業はミスマッチによって人が辞めるからこそ、企業は就職サイトに求人を掲載する。

このようにして労働者と企業は何度も就活作業のお世話になります。

企業と人のミスマッチがあればあるほど、就活作業は潤うというわけです。

新卒就職がうまく行って安定雇用が実現したのでは、転職紹介会社は手数料を受け取ることができませんし、人材派遣会社は儲けることができなってしまうからです。

就活産業は自らの儲けのために不適切な採用方法を、企業と学生に強いているのです。

「就活」という広告ビジネス p42

「就職サイトは単なる広告」であることを忘れるな

これから就活をする人、転職活動を行う人は、

「転職サイトや就活サイトの情報がすべて広告である」

ということを忘れないようにするべきです。

すべての情報が広告であるという認識を持つだけで、なにが書いてあろうと静観できます。就職サイトの一方的な情報に振り回されることもないでしょう。

前述の通り、就活サイト・転職サイトにとって、求人を頻繁に掲載してくれるブラック企業は得意様です。

そして企業と人のミスマッチは、就活産業にとって儲けの種です。

故意に作られた人気企業ランキングを発表したり、「あなたに興味を持っている企業です」と名打ったスカウトメールを送ってきたり。

これらの情報を振り回されてしまうと、ブラック企業に入社してしまう可能性も。

転職サイト・就活サイトは求人を出す企業、就活産業によって一方的に発信されている情報です。

このことを頭に入れた上で、求人情報に騙されないように注意して、自分に本当にあっている企業を選ぶようにしましょう。