スポンサーリンク
資産運用/投資

「ブックメーカーで絶対に稼げる」と言われ30万の超怪しげなツールを売られた話

渋谷や池袋のルノアールなんかにいくと、就活真っ最中の大学生が怪しいビジネスの勧誘を受けているのをよく見かけます。 当の私も大学生3年のちょうど就活を控えている時期に、「絶対に稼げる」と言われ、30万のツールと20万講座の勧誘を受けまし...
楽に生きる

熱中できる、没頭できる“何か”なんてなくてもいい

先日、こんな本を読みまして、 「バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)」 この本の著者である前野 ウルド 浩太郎さんは「バッタに食べられたい」というほど無類のバッタ好きで、野生のバッタを研究するために単身でアフリカに飛...
資産運用/投資

ファンドマネージャーはうさんくさい。本当に運用のプロのなのか?

ファンドマネージャーといって色々ありますが、ここでは書くのは、日本において、証券会社や銀行で投資信託を運用しているファンドマネージャーのことです。 個人的に怪しいファンドマネージャーに会った、というわけではないのですが、ファンドマネー...
楽に生きる

「休日、起きたら夕方だった」そんな自分を責めるなんてただのドMだ!

「休日、起きたら夕方だった」 「何かしようと思ってボーっとしていたら夕方になっていた」 そんな休日を過ごして虚しくなったり、自分を責めたりしていませんか? しかし「起きたら夕方だった」、そんな贅沢な休日を過ごした自分を責めるて...
仕事/キャリア

なぜ好きなことを仕事にすべきなのか?最大の理由はこれだった……。

好きなことを仕事にするべきか? それとも好き嫌いな抜きにして、稼げる仕事、楽な仕事、社会的意義があると思える仕事に就くべきか? この論争はネットでさんざん繰り広げられており、どっちの意見も大量にあります。どっちの意見も納得で...
楽に生きる

ドタキャンしたければドタキャンしてもいい!自分の大切な時間なのだから

取引先との打ち合わせ、会議、会社の飲み会など、ビジネスの場ではドタキャンはNGです。 給料をもらっている以上、自分の都合でのドタキャンは許されません。 しかしビジネス以外の場面、たとえば友人、知人と飲み会やデートなどはドタキ...
映画/ドラマ

ホラー映画よりもアクション映画の方が残酷である

ホラー映画とアクション映画だったらどっちが残酷か? 「そんなのホラー映画に決まっている」という人がほとんどだと思います。 しかし、実際は、よくよく考えるとアクション映画の方が残酷なことをやっているのではないかと思うのです。ヒ...
資産運用/投資

保険は若いうちに入ったほうが得は本当か?ー「投資なんか、おやめなさい」を読んで

終身型の生命保険のセールスでよく言われるのが、 「保険は若いうちに入ったほうが、保険料が安くてお得」 という話です。 生命保険のセールを受けると、セールスマンは親切に、加入年齢によって払う保険料の違いを提示してくれます...
資産運用/投資

外貨建て生命保険に隠された不都合な真実とは?ー「投資なんか、おやめなさい」を読んで

「銀行に預けておいても増えないけど、保険なら増える可能性がある」 「日本の景気は今後、悪くなりそうだけど、外貨なら安心」 こんな「外貨建て生命保険」をおすすめされることがあります。現に僕も、知人から外貨建ての生命保険をおすすめさ...
仕事/キャリア

なぜ専業主婦になると2億円損をするのか?ー【専業主婦は2億円損をする】を読んで

「結婚したら、子供が生まれたら仕事を辞めて専業主婦になりたい」 そんな希望を持っている方にしっておいてほしい悲しい真実があります。 それは 「専業主婦は2億円、損をする」 「専業主婦願望がある女性は、賢い男性にモ...
書評/読んだ本

「世界は5分前につくられた」を否定することができるか?ー【ゾンビ哲学】の本を読んで

「世界は5分前につくられたかもしれない。自分も、自分の記憶も、両親も友達も。この世界のすべてが」 そんなことを大真面目に言い始めたら「きみ、何いってんの?」とつっこむと思います。 でも、実は「世界は5分前につくられた」を否定する...
書評/読んだ本

哲学が難しいのは哲学者がわざと難しい言葉を使っていたからー【ゾンビ哲学】の本を読んで

「哲学ってなんだか難しそう」「興味はあるけどとっつきにくい」 そんなイメージを持っていませんか? 僕も哲学には興味があって、書店や大学の図書館で哲学の本を手に取ったことがあります。 しかし、理解できない言葉のオンパレー...
書評/読んだ本

人間は外見で人を判断せざるを得ない【ゾンビの哲学】より

異性を判断するとき、外見だけで判断することがあります。男は特に。外見至上主義の男もいるぐらいです。 「異性を外見で選ぶことは、あまりいいことではない」 「外見ではなく中身で人を判断するのが誠実、かっこいい」 そんな風潮も。 ...
書評/読んだ本

日本は弱者に厳しい・冷たい人が多いー「奨学金地獄」を読んで

自力で生活ができない人がいる場合、政府が税金で救ってあげるべきかどうか? この問いについて日本人は、「貧困は自己責任なんだから、政府が救う必要はない」と考える人が多くいます。 つまり、日本は弱者に対してとても厳しい人が多いわけで...
書評/読んだ本

日本には給付型の奨学金がない!若者を育てる気がないヤバい国?ー「奨学金地獄」を読んで

奨学金が返せない、奨学金が原因でブラック企業を辞められないなど、奨学金に関してニュースになることがあります。 そんなわけで奨学金に興味をもって、「「奨学金」地獄 (小学館新書)」を読んでみたのですが、日本の奨学金制度、日本の若者に...
映画/ドラマ

なぜ2作目以降は1作目よりも面白くないのか?ー「ジグソウ:ソウ・レガシー」を観て

「1作目が一番面白かった」「やっぱり1は超えられない」なんてことは映画やアニメ、ドラマの世界ではよくあることです。 で、「なぜ1作目を超えられないのか?」について、経済学の法則などから考えてみました。 【ざっくり要約】 ...
書評/読んだ本

難しい哲学をわかりやすく解説した哲学入門書【ゾンビの哲学に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした】感想・書評

「哲学に興味はある、勉強してみたい。でも、哲学って難しそうでとっつきにくい」 【(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。】 この本は、そんな方のために哲学をわ...
仕事/キャリア

会社に安定を求めるのは無意味!安定した会社を探す暇があったら自分を磨け!

「安定した仕事に就きたい、安定した会社に就職したい」 「名もない小さな企業に就職するよりも、歴史が長くて規模が大きい会社に就職するほうが安心だ」 と考えるのは納得できます。 しかし、会社は社員に安定な生活を与えるた...
仕事/キャリア

企業が求める「チャレンジ精神がある人」とはいったいどんな人か?

就活ナビサイトの求人を眺めていると、求める人物像のところに「チャレンジ精神がある人」と書かれていることがあります。 勢いのあるベンチャー企業だけでなく、大企業も「チャレンジ精神のある人を求む」なんて記載されていることがあります。 ...
映画/ドラマ

【ブレードランナー 2049】のあらすじ、感想、観るべきかなど

【ブレードランナー 2049】を観てきたので、あらすじや観るべきかどうか、感想を書いていきます。 あらすじ ブレードランナーの主な登場人物はレプリカントと呼ばれる人造人間です。 ロボットではないので半導体が埋まっていたり充...
仕事/キャリア

学歴フィルター・学歴差別に文句を言うのが時間無駄である理由

「あの企業は学齢だけで書類の採否を決めている」 学歴フィルター・学歴差別が存在することに対して、文句を言う人がいます。 しかし、学歴フィルターは確実に存在します。 同じ絵でもピカソが描くのと無名の画家が描くのとでは、価...
楽に生きる

AIが発達して色んな仕事がなくなっても農業ならくいっぱぐれない?

AIがさらに進化したら仕事がなくなり、生活できなくなるのではないか? 多くの人がこのような不安を抱えていると思います。かくいう僕もWEBサイトを作ったり、記事を書いたりする仕事をしているのですが、こんな仕事は近いうちになくなると思...
映画/ドラマ

【猿の惑星: 聖戦記】観るべきか? 観た感想をお伝えします!

【猿の惑星: 聖戦記(グレイトウォー)】を見てきました。その感想やら評価やらを偉そうに紹介したいと思います。 あらすじにかんしては映画.comみたいなサイトで書かれているので割愛します。それとネタバレになる部分もあるので、これから...
映画/ドラマ

【ドリームホーム99%を操る男たち】を観た感想やらツッコミどころやら

「ドリームホーム99%を操る男たち」 Huluで公開されており面白そうなので閲覧したわけです。総じて面白い。特にアメリカの住宅バブルについてある程度知識がある人なら楽しめるのではないかと思います。 ※ネタバレあり ざっくり...
仕事/キャリア

会社は嫌なら辞めていい!20代ならいくらでも転職できる

「3年以内に辞めたらどこも採用してくれない」 そんな意見を言う人がいますが、まったくのウソです。 20代なら、1社目を1ヶ月で退職していても、転職は余裕でできます。 なぜなら、実際、僕は新卒で入社した企業を半年で退職して、...
仕事/キャリア

会社員はスゴイ。会社員を続けられる才能・能力があるのだから

起業はスゴイ、かっこいいことだ。 会社の歯車の一部として生きるのはカッコ悪い。 そんな価値観が一部にはあり、起業に憧れる人がいます。起業や独立に憧れつつも、その能力がなくて「俺なんかどうせ……」劣等感を感じたり、自信を無くしたり...
スポンサーリンク