6つの疑問から解説する自己啓発セミナーとは?【実体験から解説】

働き方

私は半年間、月2回のペースで自己啓発セミナーに参加していました。

この体験を振り返って、自己啓発セミナーってどんな感じ?

という疑問を解決できればと思います。

ちなみに本記事で回答するのは以下の6つの疑問です。

  1. 自己啓発セミナーに登壇するのはどんな人なのか?
  2. 自己啓発セミナーはどんな雰囲気なのか?
  3. どんな人が自己啓発セミナーに参加しているのか?
  4. 自己啓発セミナーでは、何を学べるのか?
  5. 変な商材を売られることはあるのか?
  6. 自己啓発セミナーは参加したほうがいいのか?

スポンサーリンク

最初に:私が参加した自己啓発セミナーについて

本題に入る前に、私が参加していた自己啓発セミナーについて解説します。

私が参加していたのは、「東京社会人アカデミー」が開催しているセミナーです。

以下の簡単な詳細です。

参加していたセミナーの詳細

主催:東京社会人アカデミー
参加費:3000円
所要時間:3時間ほど
場所:都内の講演会場(300人規模から1000人規模など様々)
曜日:土日・祝日のいずれか
登壇者:毎回違う(書籍を出版した人がほとんど)

有料の社会人向けセミナーに参加していた

「東京社会人アカデミー」は月に1回ほど、著名な人を招いてセミナーを実施している団体? です。

Tokyo Shakaijin Academyでは、 「人生を豊かにする社会人大学」として、「どこにいっても通用する一流のビジネスパーソンになる」 をテーマに多彩な学びの場を提供しています。

東京社会人アカデミー公式サイトより

よくわかりませんが、社会人に学びの場を提供したいという思いを持った人が主催しているセミナーです。

セミナー参加から解散までの流れ

以下がセミナー終了までの一連の流れです。

  1. 会場につく
  2. チケットをもらう(知り合いが代わりにとってくれているので、その人からチケットをもらいます。お金ももちろん支払います。ネットからでもチケットは取れるみたいです)
  3. 入場(受付でチケットを渡して入場します)
  4. 着席(会場にはパイプ椅子がずらっと並んでいるので、好きな場所に着席します)
  5. セミナー開始(本を出版している人など著名な人が登壇します。途中、隣の人と今日の意気込み的を話を合う機会がある。これはセミナー終盤にも)
  6. セミナー終了
  7. 退場。

途中、隣の席の人と話し合う時間が設けられています。

たとえばセミナーに参加した理由やセミナーの感想を話し合います。

その他は基本的に登壇者の話を聞いているだけです。

全体で2時間くらい。

終わったらさっさと帰ります。

続いて本題である、自己啓発セミナーの実態について解説します。

ただし、ここで紹介するのは、あくまで私が参加したセミナーの話です。

すべての自己啓発セミナーに当てはまる話ではないので、ご注意ください。

他にも自己啓発セミナーは様々なタイプがあり、内容もまったく異なるようです。

疑問1:自己啓発セミナーではどんな人が登壇するのか?

私が参加していた自己啓発セミナーでは、自己啓発本を出版した人が登壇します。

本を出版した人が登壇する

全部で7回くらいは参加しましたが、毎回登壇者は本を出版した人です。

どこの誰だかわからない変な成金が登壇した回は一度もありません。

ネットで検索すれば、経歴やプロフィールが出てくるような割と著名な人です。

話を聞く限りでは、人間的にもしっかりした人だなという印象です。

疑問2:自己啓発セミナーはどんな雰囲気なのか?

雰囲気を一言でいうなら、「異様なほど活気がある」です。

活気はあるが、普通じゃない

正直、雰囲気は異様です。初めて参加したときは、「なんかの宗教かよ」って思いました。なんか参加者が信者っぽいのです。

まず相槌が大袈裟な人が多い

「うんうん」「なるほど~」と普通の声を出して相槌を打つ人がたくさんいます。

さらにまったく面識のない隣の人が急に、「たしかにそういこともありますよね~」なんて、しゃべりかけてくることも。

正直、びっくりします。「どこかでお会いしましったけ?」という感じです。

また登壇者がちょっとした冗談をいうと、みんな大袈裟すぎるほど笑います。

急に手を叩いて悪い人も当たり前のようにいます。些細な冗談で、会場がドッカ~ンとなることも。

初めて参加すると戸惑います。「え、今のそんなに面白かった??」と。

もうとりあえず、参加者のほとんどが登壇者の信者であるかのようなリアクションなのです。

よくいえば非常に活気がある、悪くいえば非常に宗教的。

最初に参加したときは、「なんかやばいセミナーに参加してしまったな」と思ったものです。

ただ、実際はやばいセミナーだったわけではなく、意識高い人が多かっただです。

疑問3:どんな人が自己啓発セミナーに参加しているのか?

簡単に説明すると、自己啓発セミナーには意識高い人がたくさん参加しています。

意識高い人が参加している

意識高い人とは具体的にどんな人なのか?

例を上げてみると、こんな感じになります。

  • フレンドリー
  • 何かとポジティブ
  • 目標とか野望とかすぐに答えられる
  • ハキハキしている

ここに上げたすべての要素を持っている、もしくはどれかを持っている人がほとんどです。

みんなキラキラしています。

先にも書いた通り、私が参加していたセミナーは隣の人としゃべる機会があります。

たとえば、「セミナーに参加した動機を隣の人とシェアしましょうー!」みたいな時間があるのですが、

ほとんどの人が目をキラキラさせながら、「将来は独立したい」「今年は新しいことに挑戦したい」「自分のファンを増やしたい」など、目標や理想をストレートに語ってくれます。

それに対して私が「誘われたので参加しました」などと意識低い回答をしても「そうなんですね。このセミナーに誘ってくれるなんて、いい友人ですね」とポジティブな回答をしてくれます。

優しすぎるし、ポジティブすぎるし、逆に怖くなるほど。

周りを見ていると他の人もやっぱり目がキラキラしているし、ポジティブだしで感心するばかりです。

正直、悪い人やウザイ人、鼻につく人など、接して気分が悪くなるような人はこれまで見かけたことがありません。

子連れで参加する人も

ちなみに驚いたのは、子連れの人が参加してたいことです。

子供をあやしながら、子供が騒ぎ始めたらいったん退出するなどして、大変そうでしたが、

子供と一緒に参加できるセミナーは、とてもありがたい場のような気がします。

そしてめずらしいです。

疑問4:自己啓発セミナーでは何を学べるのか?

自己啓発セミナーで学べるのは、自己啓発本に書いてあるようなことです。

たとえば、夢や目標を実現するための考え方やマインド、

理想の状態に近づくための考え方やマインドなどです。

自己啓発本に書いてあるようなことが学べる

自己啓発セミナーの内容を本にしたのが自己啓発本です。ですから自己啓発セミナーで学べるのは、自己啓発本の内容です。

私が参加していたのは、自己啓発本を出版した人が登壇するセミナーなので、特にその傾向が強かったように思います。

セミナーのほうが学びは多い

「自己啓発本と同じ内容なら参加する意味なくない?」と思いますよね。

たしかに自己啓発本と同じようなことは学べます。

しかし、本よりもセミナーのほうが多くのが学びがあります。これは断言できます。

たとえば登壇者によっては、本に書いていない小話を話してくれたり、また隣の席の人から、ためになる情報を教えてもらえることも。

モチベーションが高い参加者と会話したり、一緒にセミナーを聞いたりしていると、自分もどんどんモチベーションが上があります。

自己啓発本を読むよりも、格段に人生・仕事に対するモチベーションは上がりると言えます。

ただし知識は増えない

自己啓発セミナーや、自己啓発本で得られるのは、「考え方」です。マインドとも言われるものです。

理想の自分に近づくための考え方、目標を達成するための「考え方」は学べます。

しかし、具体的な知識は身につきません。

たとえば収入を倍にしたい場合、その理想を叶えるための考え方は学べます。

「行動する」「挑戦する」「目標を具体的にする」など。

一方で、収入を倍にするために具体的な方法は学べません。

転職したほうがいいのか、副業したほうがいいのか。副業するとしたら、どんな副業がいいのか。どんなジャンルなら稼ぎやすいのか。

といった具体的な知識は教えてもらえないので、自分で調べ実行する必要があります。

ですから参加しただけで満足してはいけないのです。(満足している人が多いように思いますが)

疑問5:変な商材を売られることはあるのか?

私が参加したセミナーでは、変な商材を売られることはありませんでした。

本を出版した人が登壇していたので、その人の著書が会場では販売されています。

またセミナー中で、「私の本買ってください!」と登壇者が冗談交じりのお願いすることもあります。

しかし、ヤミ金ウシジマくんに出てくるような数万、数十万もするわけのわからない商材を売られることはありませんでした。

有料のセミナーだったので、商材を売る必要がないというのもあると思いますが。

私が参加したセミナーは安全なものでしたが、ネットワークビジネスの勧誘があったり、宗教的な内容だったり、怪しいセミナーもあるようです。

自己啓発セミナーを正しく理解できる!くわしい解説6つ
「自己啓発セミナー」と聞くと、どんなイメージを浮かべるでしょうか? そもそも「自己啓発セミナー」とは? 多くの自己啓発セミナー参加者とかかわった体験をふまえて、自己啓発セミナーの実態をお伝えします。詳細はクリックして、記事をご覧ください。

「絶対に儲かる話」なんて存在しないと心得ておく

こういう言葉あります。

ウマい話は、君のところにはぜったいこない。

ほんとうにウマい話なら、自分で投資するに決まっているから。だから、ウマい話はすべて無視すればいいのだ。

出典: 人生は攻略できる 橘玲著

基本的に、本当にウマい話は自分のところにはきません。

「絶対儲かる」と言われた、それは絶対に嘘です。

これだけは、今回覚えてもらえればと思います。

疑問6:結論、自己啓発セミナーは参加すべきなのか?

気になるセミナーがあるなら一度は参加してみるべきです。

どんなセミナーであれ、実際に参加してみないと、ためになるかどうかわかりません。

ためにならないなら二度と参加しなければいい話。

ただし、万単位の高額なセミナーと、無料のセミナーには注意してください。

万単位の高額な自己啓発セミナーには注意

「有料だから安全」というわけではありません。とくに万単位の高額な自己啓発セミナーには警戒すべきです。

私も一度、5万円のセミナーに誘われたことがあります。

主催者とは面識もあり、ある程度信頼できる人ではあるのですが、単なる自己啓発セミナーに、5万円はどう考えても高額です。

学べることは、どうせ自己啓発本に書いてある内容です。「セミナーの場合、参加者との出会いがある」という特典があるにしても、3000円、5000円までが妥当な値段です。

さすがに1万以上は高すぎです。どう考えても、参加することにそれ以上のリターンがあるとは思えません。

万単位の自己啓発セミナーに誘われた時は注意してください。

「自己投資だ」「チャンスを逃すな」などと勧誘してくるかもしれませんが、よくよく考えるようにしましょう。迷ったら不参加が一番安全だと思います。

無料のセミナーにも注意

無料のセミナーは注意が必要です。

セミナーを開催するのは無料ではありません。会場を借りるのも運営スタッフを雇うのも、登壇者を招くのにもお金がかかります。

参加費は無料で、どうやって開催にかかる費用を回収するのか? 

たとえば高額な情報商材を売ったり、物販をしたり、別の有料セミナーへ勧誘したり、

別のモノ・サービスを販売することで、セミナーの開催にかかる費用を回収するのです。

もちろん利益も見込んで。

完全ボランティアでセミナーを開催する人なんて存在しません。

主催者は、参加費無料でも利益がでると考えているから、無料のセミナーを開催するのです。

無料のセミナーにはくれぐれも注意してください

無料なのには必ず理由があります。必ず何かを売られるので、注意してください。

危なくない・怪しくない自己啓発セミナーに参加したい方へ

「危なくない、怪しくない自己啓発セミナーに参加してみたい」という方には、私が参加した 「東京社会人アカデミー」 がおすすめです。

私が実際に参加したので、断言できます。怪しくない安全なセミナーであると。

参加費は3000円と、高すぎない価格。

また登壇する人は本を出版している人なので、プロフィールも経歴もわかる人で、世間的には「成功者」の部類に入るような人です。

成功者の話は普通におもしろく、ためになることもたくさん学べます。

そして何よりもここのセミナーは、怪しくないセミナーを開催することで、「セミナーってなんか怪しくない?」という、日本人が持っているセミナーに対するイメージを刷新することを目標にしています。

私はこのセミナーに半年通いましたが、変な情報商材を売られることも、ネットワークビジネスに勧誘されることもありませんでした。

本当に安心して参加できるおすすめのセミナーです。

タイトルとURLをコピーしました