閉鎖的な村と食人を生々しく描く漫画『ガンニバル(二宮正明)』の感想

ガンニバル

『約束のネバーランド』『鬼滅の刃』『東京喰種』『進撃の巨人』など、近年ヒットしたこれらの作品にはある共通点がある。

それは人間が捕食されることだ。人間が食われるともいえる。

鬼、巨人など、相手は違うが、人間はそういった存在に、餌として狙われる。われわれ人間が動物の肉を食うように、人間の肉・血が餌として狙われる。

しかし、『約束のネバーランド』や『進撃の巨人』など先に上げた作品において相手は、鬼や巨人、吸血鬼といった虚構の存在だ。だからなのか、人間が食われる存在であることを、いつのまにか忘れてしまう。いつのまにか単に命を狙われるだけのファンタジー漫画としてみてしまうことがある。

それらのヒット作と比べるのは野暮かもしれないが、『ガンニバル』は食人の生々しさをとてもよく描いた作品だ。

『ガンニバル』で描かれるのは、人間を食う人間だ。

鬼や巨人など、得体の知れない存在が人間を食うならまだ理解できる。しかしわれわれと同じ人間が、今まさに隣にいる人間が、先に挨拶を交わした人間が、同じ人間の肉を食いちぎり、胃の中に入れて消化するというのだ。

いったいなぜ、人間は食われるのか?

いったいなぜ、人間は、人間を食おうとしたのか?

『ガンニバル』では、山間にある「供花村」を通してそれを生々しく描く。

『ガンニバル(二宮正明)』のあらすじ

ざっくり内容を説明する。

警察官の阿川大悟は、山間にある村「供花村」に駐在することになる(※駐在:家と交番が一体になった駐在所に、住み込みで勤務する)。

供花村は山間にある閉鎖的な村なのだが、前任の駐在官はこの村で謎の失踪をとげている。しかも行方不明になる直前、村人が人を食っているという奇妙な発言をしていた。

そんなおり、ある老婆の死体が森でみつかる。しかもその死体の腕には人間の歯型がついていた。警察官として駐在した阿川大悟は、「この村は人を食っている」という噂が本当なのかをたしかめようとするのだが、村人から「余計なことはするな」と警告を受ける。警告をよそに調査をつづける阿川は、徐々に村の秘密をしることになるのだが、それに感づいた村人は、阿川に対して警告だけでなく、陰湿な嫌がらせや、妨害を時におこなう。

この作品で描かれるのは、極度に閉鎖的な村社会だ。村の掟は絶対で、その掟を破れば村八分にあう。しかしその村の掟が、法律や人道に反するものだった場合、どうするのか。主人公を部外者の警察官に設定することで、わかりやすく描いている。

『ガンニバル』の感想(※ネタバリあり)

「人はなぜ人を食ったのか?」がリアルに描かれる 

まず感じたのは、食人に関してとてもよく調べたうえで、それがリアルに描かれているということ。

ネタバレになるが、ガンニバルの舞台となる架空の村である「供花村」では実際に食人がなされている。

そして「なぜ供花村で食人がおこなわれているのか?」という理由の部分が、歴史上、人類が実際におこなってきた食人と合致しているのだ。

人は近代頃まで、人間を食ってきた。

図説 食人全書』を読むとわかるが、昔から人類はあらゆる地域で人を食っていた。

その理由は様々で、死者を弔うためだったり、神への捧げものとしてだったり、また人を食べるとその人の力を授かれるという意味で英雄や敵を食べることや、敵に恐怖を与えるために食人をしたりすることもあった。そしてもちろん、単純に飢えから食べることも。

古代から近世にかけて、人類は共同体の存在のために食人をおこなっている。それは日本も例外ではなく、江戸時代の「天明の大飢饉」では、食人をしていたという。

われわれは食人をきわめて野蛮な行為だと思っているが、過去に実際におこなわれた食人のなかには、死者の弔いのような、慈悲による食人もあった。

『ガンニバル』でおこなわれる食人は(7巻時点では)、死者の弔いや儀式が理由だ。供花村が食料難の時代に、食糧の確保や口減らしの意味もあった。

たとえば、最初に描かれる食人は、後藤家の当主であった後藤銀。彼女は1巻で熊に食われた。その後、後藤家と阿川で食べた熊を仕留めの、熊の内蔵から後藤銀のいち部を取り出して食べる。ここで描かれるのは死者の弔いとしての人食だ。

そしてその後に描かれる食人は儀式としてだ。年に一度の祭りのときに子供を神に捧げる。捧げた子供を食べる。

この村では、7巻現在では、決して娯楽として食人が行われているわけではない。村が村として平穏に存続していくために、儀式として食人が行われるのだ。

生々しいからこそ納得感もある

大ヒットしている『約束のネバーランド』や『鬼滅の刃』も人間が餌になることがテーマだが、相手は虚構の存在なので、物語として、ファンタジーとして、登場人物に共感しながら、作品を楽しむことができる。

こういった作品と比べると、人間が人間を食う『ガンニバル』は、非常にグロテスクで生々しい。しかしだからこそ、リアリティがある。過去の人間は村を存続させるために何をしたのか、どんなルールをつくったのか。

どんな理屈で、人を食うことを正当化してきたのか?

閉鎖的な村では人間は、人間を食うことすら正当化してしまう。そこにはどんな事情があるのか。

これらについて、一見納得感のある理由を提示してくれる。

閉鎖的な村社会と、部外者の対立

『カンニバル』のもう1つのテーマになっているのは、閉鎖された村社会だ。

舞台となる架空の村「供花村」では、夫婦喧嘩はその日のうちに村人全員に知れわたる。陰口をいえば、村全体に知れわたる。

典型的な男社会であり、宴会では、女性は男性に酒を注ぐのが仕事だ。セクハラだって当たり前のように横行している。

男尊女卑、排他的で閉鎖的、没個性的。

供花村では村の掟が絶対で、文句をいえば問い詰められるし、掟を破れば村八分になる。村の掟は法律や道徳よりも優先される。

そんな閉鎖的な村社会にメスを入れるのが、本作の主人公である警察官の阿川だ。法の執行人である警察官だ。

この構図が非常に面白い。

それまで村の掟を村人の全員が守り、波風が立てずにうまくやってきた。村の掟が法律的にも倫理的にもアウトなものであっても、掟を守ることで、平凡な日常を過ごしてきたわけだが、その村に部外者でありかつ警察官の阿川が入り込むのだ。

海外のホラー映画では、殺人鬼を擁する村や一族と警察(たいてい保安官)がグルだったりする。『ガンニバル』もそのパターンかと思っていたが、7巻では、警察本部が動きだすに至っている。この展開は、とても先に気になるものだ。

ローカルルールとグローバルルールが対立する

ガンニバルでは、日本の法律と村のしきたり、グローバルルールとローカルルールがわかりやすく対立する。

ここで考えさせられるのは、ローカルルールでうまくやっていた場所に、グローバルルールを勝手に押し付けることの如何だ。

供花村には猟銃を当たり前のように携帯しているし、食人だって、近親相姦だって、優生思想だってはびこっている。人権もプライバシーもない。現代的な価値観に照らし合わせれば、完全にアウトだ。しかしそれでも村は、表面上は、うまくやってきた。

そこにある日突然、部外者がやってきてグローバルなルールを押し付けるのだ。これはともすれば、自分たちの勝手な理屈で多くの先住民を蹂躙し、啓蒙の名のもとに、文化や習慣を改めさせたり、奴隷化してきた近代の帝国がやっていたことと同じだ。また、現在のアメリカや欧米がリベラルの名の下の、一部のイスラム教国家を批判するのと同じだ。

繰り返しなるが、『ガンニバル』における供花村でおこなわれることは、倫理的にも法律的もアウトだ。しかし、それを勝手にやってきた部外者が改めさせるというのは、暴力的でもある。

現代の日本においても他人ごとではない。グローバル化が急激に進む現在、日本がグローバルなルールを押し付けられることがある。これまで日本は独自のルールでうまくやってきたのに、グローバルの仲間入りをするなら、ルールを受け入れろと。

グローバルルールを受け入れることはローカルにとって利点がある場合もある。一方で、グローバルルールによって、ローカルに不和が生じることもある。

グローバルルールとローカルルールが対立する時、ローカルルールは排除されるべきなのか。不和が生じたとしても。

それともどこかで折り合いをつけるべきなのか。

『ガンニバル』に登場する供花村は架空の村であるが、その村の今でもどこかにありそうな気がするほど、リアリティと生々しさを持って描かれている。

だからこそ『約束のネバーランド』や『東京喰種』からでは感じにくい、

  • ローカルとグローバルの関係
  • ローカルな場所でひとまず平穏に生活していた人との関係
  • われわれが暮らす社会とグローバル社会との関係

これらを考えるうえで参考になる漫画だ。

著者はこの関係をどう描くのか、今後が非常に楽しみである。

書評・書感・マンガ評
かなざわ

食文化や都市などを調べているフリーランスのブロガーです。このブログは、本や映画、漫画について、その感想を紹介するとともに、僕が調べている食文化や都市と絡めて論考できればと思っています。

#フォローする
スポンサーリンク
書評と文化考