スタバ考

日本でもっとも店舗数が多く、他を圧倒する存在感を持つスターバックス。日本に上陸して依頼、店舗数を順調に増やしているが、スターバックスが増えることを、われわれの社会は称賛すべきなのか。スターバックスは、その会社が理念として目指す、サードプレイスとなるのか。それともわれわれの社会にとって負の効果をもつのか。このブログで、スターバックスについて考察していきたい。

スポンサーリンク
スタバ考

『お望みなのはコーヒーですか?』要約と書評|スタバの批判的考察から消費社会を考える一冊

『お望みなのはコーヒーですか?』は、日本語化されている本のなかでは数少ないスターバックスを批判的に論じた本である。 しかもその内容は「意識高い系が嫌い」や「気取った雰囲気が嫌い」といった感情的な批判ではなく、取材と文献にもとづいた社...
スタバ考

スタバのテーマパーク「スターバックスリザーブロースタリー東京」はどんな場所か?|特徴、従来店との違いなど

 このブログでは、日本最大のカフェチェーンであるスターバックスについて、その影響力が強まることの是非をあれこれ考察している(他のスターバックスを考察した記事)。  当ブログの調査対象であるスターバックスは、2019年に一風変わった店...
2021.02.27
スタバ考

スターバックスの歴史と年表|シアトルでの誕生から日本上陸、リザーブロースタリーがオープンするまで

このブログではスターバックスの存在の是非について考察を試みている(スターバックス考)。その1つとしては今回はスターバックスの歴史をまとめることにした。 日本の話と海外での話が混在しているため、わかりづらい部分もあるかもしれないが、参...
2021.02.23
スタバ考

【スタバは排他的な店である】スターバックスが持つ排除性、そしてその排他性こそスタバが人気の理由である

 スターバックスは排他的なカフェである。  これは別にスタバを批判しているわけではない。またスタバは公然と人を排除しているわけではない。  スタバはそのコンセプトとそこに集まる人たちによって、自然と排他性をおびたカフェになって...
2021.02.27
スタバ考

スターバックスの取り組み、特徴まとめ|スタバは非の打ち所がない素晴らしい企業なのか?

 スタバがどんどん増えている。その勢いは今でも衰えることなく、店舗数はチェーンカフェのなかでぶっちぎりの1位だ。  しかしスタバが日本で増えることについて、どうも違和感を感じてしまう。しかしその違和感をうまく言語化することができない...
2021.02.11
スタバ考

スターバックの店舗が増えることに感じる違和感

 スタバが増えている。スタバが雨後の筍のようにオープンするのは今に始まったことではない。  しかしスタバがあちこちにできる現象に対して、どうにも違和感を覚えてしまう。決してスタバを嫌っているわけではないのだが、どうにも増えるすぎるこ...
2021.02.28