楽に生きる

スポンサーリンク
書評/読んだ本

なぜ化粧水は意味がないのか? 化粧水不要論について二冊の本から解説

「化粧水はいらない」 「化粧水は意味がない」 このような意見を見かけることがありますが、実際どうなのでしょうか。なぜそのような意見があるのでしょうか。 化粧水不要論の根拠を調べるべく、私は医師が執筆した以下の二冊の書籍を読んで...
楽に生きる

緊張の原因とは? 緊張を和らげる方法とは? 緊張が和らぐ方法・考え方を紹介

プレゼン、試験、試合、意中の人への告白など、生活していれば必ず緊張する場面があるもの。 いつものパフォーマンスを発揮でなかったり、緊張に押しつぶされて具合が悪くなってしまったり。 「この緊張を和らげることができたなら……」と思っ...
書評/読んだ本

「もう少し楽に生きたい」と思うあなたにおすすめの本【厳選5冊】

窮屈で息苦しい毎日。もう少し楽に人生を生きたい。 そんな方に向けて、ここでは「この本よんで人生が少し楽になった」という本を厳選して5冊紹介します。 哲学系の本が多めですが、堅苦しい本やボリューミーで大変な本は一冊もありません。 ...
仕事/キャリア

なぜ「やりたい仕事探し」は無意味なのか? 2つの理由と楽な人生のための仕事

「やりたい仕事がわからない」 多くの社会人が抱える悩みを僕も抱えて「やりたい仕事探し」に奮闘したことがあります。 そして同じような内容が書いてある自己啓発本を大量に買いあさり、実際にやりたいと思えるような仕事に転職したことも。 ...
仕事/キャリア

就活は適当にやっておけばいい!と思う2つの理由と楽に内定を取る方法

大学生のとき、いわゆる就活というものを経験した。 インターンシップに参加し、50社近くエントリーし、時間をかけて、大真面目に就活をした。 当時の就活を振り返って思うのは就活なんてバカ真面目にやらないで、適当にやって終わらせておけ...
楽に生きる

理解できるアドバイスは聞いてもムダ!理解できないアドバイスだけ聞け!

私たちは自分の頭で理解できることにだけに、耳を傾けがちです。 理解できるアドバイスだけを聞き、理解できる意見にだけ賛同し、理解できる人とだけ付き合います。 逆に理解できないものは、間違っていると批判したり、拒絶したりします。 ...
楽に生きる

なぜTwitterは疲れるのか? Twitterが疲れる理由と疲れないための使い方

Twitterには、仕事術や人生訓、ブログ運営ノウハウ、副業の始め方など、有益な情報を常につぶやいてくれる人がたくさんいる。 いわゆるインフルエンサーと呼ばれる人たちで、毎日のよう有益な情報をつぶやいてくれる。 それらのつぶやき...
楽に生きる

人生のつらい・苦しいから解放されたいならすべての「正しさ」を疑え!

朝起きるのがつらい。 会社にいくのがつらい。 人生がつらい。 なぜ苦しいと感じるのか? 苦しさから解放されるためにはどうしたらいいのか? そのヒントがかかれている「悪魔とのおしゃべり」という本を読みました。 とくに印...
楽に生きる

なぜイライラしてしまうのか? イライラの原因とイライラしないために意識したいこと

些細なことでイライラする。 イライラしすぎて体調が悪い。 できればイライラせず穏やかな感情で生活したいもの。 イライラを取り除くためには、イライラの原因を把握する必要があります。ではイライラの原因とはなんなのか? 実は、...
楽に生きる

意識高い系の言葉は疲れる。高い意識に系に振り回されず自分の人生を生きるためには?

迷ってないで行動しろ! ダラダラするなら! 時間をムダにするな! ベネフィットだ! ロジックだ! バリューだ! このような意識高い系の言葉に疲れを感じること、ありますよね。 ダラダラしている自分を否定されているような。 ...
仕事/キャリア

遅刻の恐怖に耐えらず。僕が会社を辞めてフリーランスになった理由

僕はかつて一般企業で働いていました。 しかしあることがきっかけで「会社員が向いていない」と判断し、フリーランスになりました。 あることとは、遅刻がめちゃくちゃ怖かったということです。 会社に遅刻するのがめちゃくちゃ...
書評/読んだ本

なぜ今の時代、1つのことに集中するのは時代送れなのか?

1つのものごとに集中するべき、集中することはいいことである。 注意散漫なのは良くない、いろいろ手を出すのはよくない。 「集中することはいいこと」「集中=善」という考え方が一般的です。 しかしIT化、AI化で「集中=...
楽に生きる

【後悔する覚悟】最悪、後悔してもいいと考えたほうが人生は楽

「後悔なんてできればしたくない!」 私もそう思います。 しかし人生とはなかなかのクソゲーで、何かをすれば後悔し、逆に何もしなくても後悔します。 ことあるごとに後悔していては、人生は楽になりません。 「後悔してもいい!...
楽に生きる

人生の問題、失敗は自己責任にしてしまった方が楽な場合もある

奨学金問題やブラック企業問題、オレオレ詐欺など、社会問題に関しては自己責任ではありません。適切な機関に訴えかけて改善してもらうべきです。 しかし、結婚できない、就職先が決まらない、お金がたまらない、ネットの情報を信じて仮想通貨に投資し...
楽に生きる

熱中できる、没頭できる“何か”なんてなくてもいい

先日、こんな本を読みまして、 「バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)」 この本の著者である前野 ウルド 浩太郎さんは「バッタに食べられたい」というほど無類のバッタ好きで、野生のバッタを研究するために単身でアフリカに飛...
楽に生きる

「休日、起きたら夕方だった」そんな自分を責めるなんてただのドMだ!

「休日、起きたら夕方だった」 「何かしようと思ってボーっとしていたら夕方になっていた」 そんな休日を過ごして虚しくなったり、自分を責めたりしていませんか? しかし「起きたら夕方だった」、そんな贅沢な休日を過ごした自分を責めるて...
楽に生きる

ドタキャンしたければドタキャンしてもいい!自分の大切な時間なのだから

取引先との打ち合わせ、会議、会社の飲み会など、ビジネスの場ではドタキャンはNGです。 給料をもらっている以上、自分の都合でのドタキャンは許されません。 しかしビジネス以外の場面、たとえば友人、知人と飲み会やデートなどはドタキ...
楽に生きる

AIが発達して色んな仕事がなくなっても農業ならくいっぱぐれない?

AIがさらに進化したら仕事がなくなり、生活できなくなるのではないか? 多くの人がこのような不安を抱えていると思います。かくいう僕もWEBサイトを作ったり、記事を書いたりする仕事をしているのですが、こんな仕事は近いうちになくなると思...
楽に生きる

自己啓発本のせいで私たちは不幸になっているのではないか?

読んだ人が、書かれている内容を実践するこで、少しでも幸福に近づくことが自己啓発本の本来の役割です。 しかし、自己啓発本や自己啓発本的な価値観のせいで、私たちは逆に不幸になっているのではないか、と思うのです。 自己啓発本の...
楽に生きる

親の意見は関係ない!親の意見に従わなくてもいい2つの理由

本当は就職したくないけど、親を安心させるために企業に就職する。 結婚は考えてないけど、親を安心させるために結婚する。 このように自分の意向を押し殺して、親の意向に従うことに息苦しを感じてる人もいると思います。 しかし、親の...
スポンサーリンク