書評/読んだ本

スポンサーリンク
書評/読んだ本

なぜ化粧水は意味がないのか? 化粧水不要論について二冊の本から解説

「化粧水はいらない」 「化粧水は意味がない」 このような意見を見かけることがありますが、実際どうなのでしょうか。なぜそのような意見があるのでしょうか。 化粧水不要論の根拠を調べるべく、私は医師が執筆した以下の二冊の書籍を読んで...
書評/読んだ本

なぜ「嫌なら辞める」「死ぬくらいなら会社辞める」ができないのか?

仕事が忙しい。会社がブラック。 仕事の愚痴や文句、「仕事を続けるのがつらい」という人を見かけると、「嫌なら辞めれば」「何でそんな会社辞めないの?」といいたくなることがある。 なぜ「嫌なら辞める」「死ぬくらいなら会社辞める」ができ...
書評/読んだ本

「もう少し楽に生きたい」と思うあなたにおすすめの本【厳選5冊】

窮屈で息苦しい毎日。もう少し楽に人生を生きたい。 そんな方に向けて、ここでは「この本よんで人生が少し楽になった」という本を厳選して5冊紹介します。 哲学系の本が多めですが、堅苦しい本やボリューミーで大変な本は一冊もありません。 ...
書評/読んだ本

なぜレビューや評価、ランキングで本を選ぶのは愚行なのか?

本を選ぶとき、Amazonのレビュー、星の数、評価、ランキングを参考にしてしまうことがあります。 おもしろそうだと思っても、評価が低かったり、ネガティブな意見が多かったりすると、購入をやめることも。 しかし、この本「本を遊ぶ 働...
仕事/キャリア

コレだけは外せない!AI時代を生き抜くために必読の本【厳選3冊】

AIの技術進歩で、自分の仕事はなくなるのか? どんなスキル、経験を身につけておけばAI時代を生き残れるのか? ここでは、AIに関するあらゆる疑問を解決するうえで参考になる本を厳選して3冊紹介します。 AIのリアルな現状を学べる...
映画/ドラマ

なぜ日本人俳優の演技は下手なのか?下手に見えるのか? 【大人の教養として知りたい すごすぎる日本のアニメ】より解説

「日本人俳優の演技は、欧米俳優に比べて下手」といわれることがあります。 なぜ日本人俳優の演技は下手だといわれるのでしょうか? その理由について、「大人の教養として知りたい すごすぎる日本のアニメ 岡田斗司夫著」より紹介しいます。...
書評/読んだ本

テレビがいらなくなった2つの理由とテレビ局の今後のあるべき姿

部屋からテレビがなくなって1年近くになります。 テレビをみなくなる以前は、当たり前のようにテレビと生活を共にしていました。 しかし引っ越しでテレビのアンテナ線をなくしてしまい、テレビ番組をみられない状態に。 テレビをみ...
ブログ/アフィリエイト

正確な情報を発信・判断するための5W2Hとは?「健康を食い物にするメディアたち」を読んで

WELQ問題の火付け役となった朽木誠一郎さんの著書 「健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方 (BuzzFeed Japan Book)」 を読みました。 本のなかで紹介されていた、情報...
書評/読んだ本

スターウォーズが10倍楽しくなる本『スター・ウォーズに学ぶ「国家・正義・民主主義」』 を読んで

小学生の時、スター・ウォーズは正義のジェダイと悪のダークサイドが戦うシンプルなヒーロー映画だと思っていました。 大学生になってスター・ウォーズ1~3を観て、政治的な話がベースの映画なのだと分かりました。 そして先日、「スター・ウ...
書評/読んだ本

なぜ今の時代、1つのことに集中するのは時代送れなのか?

1つのものごとに集中するべき、集中することはいいことである。 注意散漫なのは良くない、いろいろ手を出すのはよくない。 「集中することはいいこと」「集中=善」という考え方が一般的です。 しかしIT化、AI化で「集中=...
書評/読んだ本

求人にウソを書く企業がある【求人詐欺 内定後の落とし穴】より

転職・就職で会社を選ぶとき転職サイトや就職ナビサイトなどの勤務条件を参考にする。 たとえば給料や勤務地、福利厚生、休日休暇など。 そして条件を満たしていればその企業の応募を決めることになるだが、求人情報に書いてある勤務条件が...
書評/読んだ本

電子書籍に慣れると紙の本が圧倒的に不便に感じる。その理由とは?

もうここ数年、活字中心の本のなかで、電子版で買える本はすべて電子版で読んでいます。 つい先日、どうしても読みたい本が、電子版がなく紙版しかなかったので仕方なく紙の本を購入しました。 紙の本を読むのは3か月ぶりぐらいだったのですが...
仕事/キャリア

なぜ好きなことを仕事にすべきなのか?最大の理由はこれだった……。

好きなことを仕事にするべきか? それとも好き嫌いな抜きにして、稼げる仕事、楽な仕事、社会的意義があると思える仕事に就くべきか? この論争はネットでさんざん繰り広げられており、どっちの意見も大量にあります。どっちの意見も納得で...
仕事/キャリア

なぜ専業主婦になると2億円損をするのか?ー【専業主婦は2億円損をする】を読んで

「結婚したら、子供が生まれたら仕事を辞めて専業主婦になりたい」 そんな希望を持っている方にしっておいてほしい悲しい真実があります。 それは 「専業主婦は2億円、損をする」 「専業主婦願望がある女性は、賢い男性にモ...
書評/読んだ本

「世界は5分前につくられた」を否定することができるか?ー【ゾンビ哲学】の本を読んで

「世界は5分前につくられたかもしれない。自分も、自分の記憶も、両親も友達も。この世界のすべてが」 そんなことを大真面目に言い始めたら「きみ、何いってんの?」とつっこむと思います。 でも、実は「世界は5分前につくられた」を否定する...
書評/読んだ本

哲学が難しいのは哲学者がわざと難しい言葉を使っていたからー【ゾンビ哲学】の本を読んで

「哲学ってなんだか難しそう」「興味はあるけどとっつきにくい」 そんなイメージを持っていませんか? 僕も哲学には興味があって、書店や大学の図書館で哲学の本を手に取ったことがあります。 しかし、理解できない言葉のオンパレー...
書評/読んだ本

人間は外見で人を判断せざるを得ない【ゾンビの哲学】より

異性を判断するとき、外見だけで判断することがあります。男は特に。外見至上主義の男もいるぐらいです。 「異性を外見で選ぶことは、あまりいいことではない」 「外見ではなく中身で人を判断するのが誠実、かっこいい」 そんな風潮も。 ...
書評/読んだ本

日本は弱者に厳しい・冷たい人が多いー「奨学金地獄」を読んで

自力で生活ができない人がいる場合、政府が税金で救ってあげるべきかどうか? この問いについて日本人は、「貧困は自己責任なんだから、政府が救う必要はない」と考える人が多くいます。 つまり、日本は弱者に対してとても厳しい人が多いわけで...
書評/読んだ本

日本には給付型の奨学金がない!若者を育てる気がないヤバい国?ー「奨学金地獄」を読んで

奨学金が返せない、奨学金が原因でブラック企業を辞められないなど、奨学金に関してニュースになることがあります。 そんなわけで奨学金に興味をもって、「「奨学金」地獄 (小学館新書)」を読んでみたのですが、日本の奨学金制度、日本の若者に...
書評/読んだ本

難しい哲学をわかりやすく解説した哲学入門書【ゾンビの哲学に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした】感想・書評

「哲学に興味はある、勉強してみたい。でも、哲学って難しそうでとっつきにくい」 【(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。】 この本は、そんな方のために哲学をわ...
書評/読んだ本

体験したら紙の本には戻れない!電子書籍の7つのメリット

電子書籍はだいぶ普及してきましたが、新作にもかかわらず電子版が出ていない本がいまだにたくさんあります。 正直、読みたい本があっても、紙版しかないと買うのを諦めます。電子書籍に慣れてしまうと紙の本を持つのが不便で不便でやってられないから...
スポンサーリンク