合わない仕事はすぐに辞めていい!「仕事は3年我慢」しなくてもいい理由

働き方
「仕事は最低でも3年続けろ」という意見があるけど、それって本当なの?

仕事がツライ。自分には合っていない気がする。

転職を考えているが、今の仕事はまだ3年未満。

それでも転職していいのか? 転職できるのか?

この疑問を本記事では解決します。

結論からいえば、今の仕事が合わないと思うなら、すぐに転職するべきです。

「3年我慢」などという古い意見を気にする必要はありません。

スポンサーリンク

3年我慢しても仕事が面白くなるとは限らない

なぜ「3年我慢しろ」と言われるのか?

その主な理由は、「3年続ければ、仕事の面白さがわかってくるから」というものです。

たしかに3年続けたら仕事の面白さがわかるかもしれません。

しかし逆に、3年我慢しても仕事がつまらないままの可能性もあります。

むしろ3年我慢してさらにその仕事が嫌いになっている場合も。

3年我慢しても仕事がつまらないままだったとき、我慢した3年は無駄だったということになります。

はやく見切りをつけて転職しておけば、別のスキルや経験を身につけられたかもしれません。

後悔しても、誰も責任をとってくれない

「3年も我慢しないで、さっさと転職すればよかった」と後悔したとしても、

あなたに「3年我慢しろ」と助言した人生の先輩たちが、責任をとってくれるわけではありません。

そんな無責任な人生の先輩の意見に、あなたは従いたいと思いますか?

3年あったら色々なことができます。

3年あったら身の回りはだいぶ変わります。

3年後、あなたは何歳になっていますか?

3年は貴重です。

その貴重な3年を、今の会社に預けることはできますか?

今の仕事は、あなたの貴重な3年を費やすに値する仕事ですか?

もし答えがNOであるなら、すぐに転職して、新しい仕事でキャリアをはじめるべきです。

自分に合った仕事をみつけるには色々な仕事に挑戦しなければいけない|1つの仕事に3年費やしている時間はない


「今の仕事は自分には合っていない」と判断したなら、3年も我慢する必要はありません。

自分に合った仕事をみつけたいなら、合わない仕事はすぐに辞めて、新しい仕事に挑戦すべきです。

たまたま入った会社に、自分にばっちり合った仕事があるなんて、宝くじに当たるのと同じような確率だ。「ここでは自分らしいことができない」と思ったら、さっさと次に移った方がいい。

<中略>

「好きを仕事にする」方法はたぶんひとつしかない。それは トライ&エラーだ。

※出典:人生は攻略できる 橘玲著
(Amazonリンク)

ある仕事が合っているかどうかは、実際にやってみないとわからない

ある仕事が自分に合っているかどうかは、実際にやってみないとわかりません。

たとえば自衛隊という仕事が向いているかどうかは実際にやってみないとわかりません。

「自分には自衛隊のような肉体労働なんて絶対に無理。実際にやらなくてもわかる」と思うかもしれませんが、

実は自衛隊には、デスクワークだけの仕事もあります。

※参考:https://www.baitoru.com/pdt/jieitai/180709/index08.html

自衛隊といっても色々な職種があり、実際に体験してみないと合っているかどうかは判断できません。

他の仕事も同じです。

営業もエンジニアもデザイナーもマーケティングも事務も、実際にその仕事をやってみないと合っているかはわからないのです。

合った仕事に出会えるまで、とにかく色々な仕事に挑戦したほうがいい

好きな仕事、自分に合っている仕事をみつけたいのであれば、とにかく色々な仕事に挑戦するべきです。

色々な仕事に挑戦していれば、そのうち「これだ!」と思える仕事が見つかります。

この好きな仕事の探し方は、故スティーブ・ジョブズも、スピーチで語っていることです。

好きなことがまだ見つからないなら、探し続けてください。決して立ち止まってはいけない。

本当にやりたいことが見つかったときには、不思議と自分でもすぐにわかるはずです。

※スティーブ・ジョブズのスピーチより

色々な仕事に挑戦するためには、合っていないと分かった仕事はすぐに辞めるべきです。

1つの仕事で3年も我慢していては、色々な仕事を試すことができません。

1つの仕事が合っているかどうかを判断するのは、1年でも半年でも十分です。

どんどん色々な仕事に挑戦しましょう。

会社、上司に対する恩は無視していい

3年未満で辞めるときに、

「せっかく採用してくれた会社に申し訳ない」
「お世話なった企業を辞めるのは申し訳ない」

などと会社に対して恩を感じ、退職を躊躇する方がいます。

お世話になった上司や先輩に対する感謝の気持ちは大切です。

しかしもっとも重視すべきは自分の人生です。

合わない仕事、会社を続けていても、あなたの人生は良くなりません。

ですから、会社が合わないと感じたら即辞めましょう。

この国には「サラリーマンは会社に滅私奉公するのが当たり前」と思っているひとが多すぎる。

これはまったく逆で、 会社は社員が幸福になるためのただの道具 だ。

道具なのだから、(もちろんルールを守ったうえで)使い倒せばいい。

※出典:人生は攻略できる 橘玲著
(Amazonリンク)

上記でも引用したように、会社は道具として使うべきものです。

会社は踏み台にしてもいいのです。

3年未満で退職しても転職は可能

自分の道を突き進む

「3年未満で退職したら、またすぐに辞めると思われて転職で不利になるのでは?」

という心配をしている人もいると思います。

しかしあまりその心配はいらないでしょう。

3年未満で退職しても十分に転職できる

まず実体験ですが、私は5ヶ月で会社を辞めても転職できました。

詳細については以下の記事で紹介しています。

【新卒入社の会社を5ヶ月で退職】後悔した3つのこととは?
新卒で入社した会社を辞めようと思っている。就職した会社を短期で辞めるとどうなるの?やっぱり後悔するの?この疑問について、実体験をもとに回答したいと思います。ちなみに私は新卒で入社した会社を、5ヶ月というド短期で退職し...

昭和の価値観が色濃く残っていた時代は、3年未満の転職は不利でした。

しかし現在は、勤続年数よりもスキルや経験が重視される時代。

勤続3年未満でも、スキルや経験があれば、採用してくれる企業は多くなっています。

そのため転職する場合にも、「職務経験」や「業界経験」が応募条件になっている会社に対しては、入社3年以内の転職が不利になることがあるかもしれません。

ただし、3年以内の転職が必ずしも不利とは限りません。転職において多くの場合、勤務年数だけでなく「経験を通して、どんなスキル・知識を得たか」や「どんな成果を残してきたか」が重視されます。

出典:転職は「とりあえず3年」働いてから? 入社3年以内の転職は不利? アンケートで分かった意外な事実とは

経験が浅い第二新卒や既卒でも転職できる

また経験が浅い第二新卒の場合でも心配はいりません。

第二新卒なら第二新卒で、採用したがる企業がたくさんあるからです。

マイナビの調査では、実に5割以上の企業が第二新卒の採用に積極的だそうです。

2016年の調査では、全体の半数を超える企業が「今後一年間、第二新卒者を積極的に採用したい」と答えています

※出典:半数以上の企業が積極採用中。第二新卒はアツい!?

半分以上の企業が、経験が浅い第二新卒の採用に積極的なのです。

また実際、転職サイトをチェックすると、第二新卒歓迎の求人がたくさんあることがわかると思います。

「第二新卒を採用してくれる企業なんて本当にあるの?」と疑っている方は、マイナビ転職で第二新卒歓迎の求人の数をチェックして見てください。

第二新卒歓迎求人がたくさんあることがわかると思います。

未経験の仕事に挑戦するなら20代のほうがいい

未経験に仕事に挑戦するなら30代のうちに

年齢に関係なく、どんどん新しいことに挑戦すべきですが、未経験職種への転職となると、若いほうが有利です。

たとえば、20代であれば未経験者を採用してくれる企業はたくさんありますが、30代になると未経験者を採用してくれる企業は極端に減ります。

なぜ30代になる未経験で採用してくれる企業が減るのか?

その理由は、主に以下の3つです。

  • 30代になると即戦力としてスキルや経験やマネジメント経験が求められる
  • 若いほうが給料は安く済むので、企業は、同じ未経験なら若い人を採用したがる
  • 一般的に若いほうが新しい知識やスキルを習得しやすいという考え方がある

多くの転職本でも、「未経験の仕事に挑戦するなら20代のうちのほうがいい」と解説されています。

まったく新しい分野のスキルを身につけることができる年齢的な上限の目処が 28 歳だということ

出典:一生、同じ会社で働きますか? 山崎元著
(Amazonリンク)

20代であれば、ほぼどんな仕事でも、就きたい気持があり努力することで可能性がありますが、30代以降になるとその範囲はぐっと狭くなります。

20代の「より成功したい人」の転職 ごきげんビジネス出版 谷所 健一郎著
(Amazonリンク)

30代だからといって、未経験の仕事に挑戦できないというわけではありません。

30代を未経験で採用してくれる企業は存在します。

しかし未経験の仕事に挑戦するなら、30代よりも20代のほうが、環境的にも体力的にも有利であることは間違いありません。

終わりに:明日死ぬかもしれないとしても、あなたは今の仕事を続けるか?

就活をする男性
もし明日死ぬとしたら。

明日ではなくてもいいでしょう。

もし余命があと5年だとしたら、それでもあなたは今の仕事を続けますか?

それとも興味がある仕事に挑戦してみますか?

人生は一度しかありません。

しかもいつ死ぬかわかりません。

自分に向いていないと感じている仕事を続けて後悔するか。

もしくは、新しい可能性に挑戦してみるか。

私は、新しい可能性に挑戦することをおすすめします。

転職にはリスクがあります。

一方で、現職を続けるのもリスクがあります。よりよい人生を掴む可能性を潰すリスクです。

転職も、現職を続けるのもどちらもリスクがあります。ならばより面白そうな方を選んだほうがいいですよね。

タイトルとURLをコピーしました