書評・書感

さらに動物化が進む現代人を考えるための一冊|【書評】動物化するポストモダン(東浩紀)

批評家であり哲学者である東浩紀の著書、『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』を読んだ。 『動物化するポストモダン』はポストモダンの、オタクたちの消費行動の変化を論じたうえで、それらの消費行動の変化は、社会に対して...
2020.07.10
書評・書感

人間は動物を殺し、毒を食って生きる|【書評】食べることの哲学(檜垣立哉)

食べることとは、動物、植物を殺すことだ。殺すことはネガティブなものであるが、われわれ人間が生きるためは、そのネガティブなことをし続けなければいけない。 この食べることに関する矛盾を掘り下げてくれるのが、「食べることの哲学」だ。 ...
2020.07.10
社会系

【アフィリエイトの負の側面】元アフィリエイターがみたアフィリエイトの問題点

アフィリエイトは、初期費用がほとんどかからず、手軽にはじめられるビジネスとして、個人にも法人にも人気だ。また広告主にとっても成果が保証されている広告モデルとして一定の人気を集めている。 しかしながら、そんなアフィリエイトにも負の側面...
2020.06.28
スポンサーリンク
仕事、自己啓発

なぜ忙しくない会社・仕事を選ぶべきなのか?【令和の仕事の選び方を解説】

残業ばかりだったり休日出勤が多かったり…。 これからの時代、そんな忙しい会社に未来はない。忙しい会社には勤めるべきではない。 なぜか?  今後、会社と従業員の関係は、金と労働力を交換するだけのシンプルな関係になる。そうな...
2020.06.30
映画評

まったくハッピーエンドではない「アナと雪の女王2」|ダムを悪者にしたことについて

※この記事は思い切りネタバレを含みます 大ヒット中の「アナと雪の女王2」を観たのですが、とても嫌いな部分が1つありました。 内容はとても面白かったし、映像も音楽も良かった。さらに民族問題、環境問題、ジェンダー問題などな...
2020.06.28
未分類

実際に購入してわかった【GoPro Hero8】の4デメリット(欠点)

先日、Youtube用の動画を撮影するために「GoPro Hero8」を購入しました。 街の風景を紹介するシンプルな動画を撮影したかったので、サイズが小さくて携帯しやすく、そして強力な手ブレ補正がある「GoPro Hero8」を選び...
2020.07.05
社会系

非大卒より大卒のほうが幸福度が高くなる|大学を卒業しておくべき理由について

「大学は意味がない」「大学に行くなんて時間のムダ」 一部の起業家やインフルエンサーが時々そんな意見をもらしているが、大学は卒業しておくべきである。なぜなら、「非大卒よりも大卒の方が幸福度が高い傾向にある」という調査結果がでているから...
2020.06.30
仕事、自己啓発

6つの疑問から解説する自己啓発セミナーとは?【実体験から解説】

僕は以前、月2回のペースで自己啓発セミナーに参加していた。自己啓発セミナーといっても色々があるが、ここでは僕の実体験を振り返り、「自己啓発セミナーはどんな感じなのか?」という疑問について解決していく。 【はじめに】僕が参加した自己啓...
2020.07.02
仕事、自己啓発

【100冊以上読んでわかった】自己啓発本のメリットとデメリット

私は以前、自己啓発本を読み漁っている時期がありました。 仕事や人生に悩んでいた時期があり、3日で1冊でペースで、Amazonで見つけた自己啓発本を片っ端から読み漁っていました。 今、自分のKindleのライブラリーを眺めると1...
2020.06.28
社会系

解体間近の「渋谷桜丘町」の街並み(2018年12月撮影)

たまたま撮りためていた写真があったのでブログで公開することにしました。解体工事が進む前の渋谷桜丘の様子です。 桜丘町の再開発対象地域は、2018年12月現在、お店がすべて閉店。現在は建設の真っ最中で、以前の桜丘は跡形もなくな...
2020.06.25
仕事、自己啓発

なぜ緊張してしまうのか? 緊張の原因と緊張を和らげる方法を解説|「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」より

プレゼン、試験、試合、意中の人への告白など、生活していれば必ず緊張する場面があるもの。 いつものパフォーマンスを発揮でなかったり、緊張に押しつぶされて具合が悪くなってしまったり。 「この緊張を和らげることができたなら……」と思...
2020.06.30
仕事、自己啓発

なぜ「嫌なら辞める」ができないのか?|「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)を読んで

仕事が忙しい。会社がブラック。 仕事の愚痴や文句、「仕事を続けるのがつらい」という人を見かけると、「嫌なら辞めれば」「何でそんな会社辞めないの?」と助言したくなることがある。 なぜ「嫌なら辞める」「死ぬくらいなら会社辞める」が...
2020.07.02
仕事、自己啓発

「やりたい仕事探し」が無意味である2つの理由について

「やりたい仕事がわからない」 多くの社会人が抱える悩みを僕も抱えて「やりたい仕事探し」に奮闘したことがあります。 そして同じような内容が書いてある自己啓発本を大量に買いあさり、実際にやりたいと思えるような仕事に転職したことも。...
2020.06.28
仕事、自己啓発

「就活は適当でもいい」就活で人生のすべてが決まるわけではないので、それほど深刻になる必要はない

「失敗したら人生終わり」というくらい、就活に対して深刻になっている人が多いようなので、この記事を書くことにした。 ぼくも大学生のとき就活をした。 インターンシップに参加し、50社近くエントリーし、時間をかけて、大真面目に、そし...
2020.06.30
社会系

意識高い系の言葉は疲れる。高い意識に系に振り回されず自分の人生を生きるためには?

迷ってないで行動しろ!ダラダラするなら!時間をムダにするな!ベネフィットだ!ロジックだ!バリューだ! 意識高い系の言葉は溢れています。 ネットをのぞけば、SNSには大量の意識高い系ワードがあって、油断すると知人や上司が意識高い...
2020.06.28
仕事、自己啓発

緊張で「退職します」が言い出せない…あなたに実践してほしい5つの方策

「退職します!」 緊張でなかなかこの一言が言い出せない。 退職決意してから数日、数週間が経過してしまった。 僕も同じような経験をしたことがあります。 何度か退職を経験していますが、緊張しなかったことは一度もありませ...
2020.06.30
書評・書感

なぜ日本人俳優の演技は下手なのか?下手に見えるのか?|「大人の教養として知りたい すごすぎる日本のアニメ」を読んで

なぜ「日本人俳優の演技は、欧米俳優に比べて下手」といわれることがあるの? どうして日本人の演技は下手に見えることがあるの? 日本にもおもしろい映画やドラマはたくさんあります。演技のうまい日本人俳優もたくさんいます。 ...
2020.06.30
書評・書感

テレビがいらなくなった2つの理由とは?「誰がテレビを殺すのか (角川新書)」を読んで

部屋からテレビがなくなって1年近くになります。 テレビをみなくなる以前は、当たり前のようにテレビと生活を共にしていました。 しかし引っ越しでテレビのアンテナ線をなくしてしまい、テレビ番組をみられない状態に。 テレビをみら...
2020.06.25
書評・書感

ブラック企業が存在するおかげて就職ナビサイトは儲かる|「就活」という広告ビジネスより

就職・転職する人にとってなんとしても避けたい存在であるブラック企業。労働者にとって完全に敵であるブラック企業。 しかし、そんなブラック企業の存在によって潤う産業があります。 それが就活産業です。 特に就職サイトを運営する...
2020.06.30
映画評

オタクには切ない映画だった…【レディ・プレイヤー1】を観た感想

スティーブンスピルバーグ監督。 ガンダムやメカゴジラなど日本でもおなじみのキャラクターがでてくる映画「レディ・プレイヤー1」を観てきました。 その感想を紹介します。 すでに映画を観た方向けの感想ですので、あらすじや用語の...
2020.03.30
書評・書感

スターウォーズが10倍楽しくなる本『スター・ウォーズに学ぶ「国家・正義・民主主義」』 を読んで

小学生の時、スター・ウォーズは正義のジェダイと悪のダークサイドが戦うシンプルなヒーロー映画だと思っていました。 大学生になってスター・ウォーズ1~3を観て、政治的な話がベースの映画なのだと分かりました。 そして先日、「スター・...
2020.06.25
書評・書感

求人票にウソを記載する企業がある|「求人詐欺 内定後の落とし穴」より

転職・就職で会社を選ぶとき転職サイトや就職ナビサイトなどの勤務条件を参考にする。 たとえば給料や勤務地、福利厚生、休日休暇など。 そして条件を満たしていればその企業の応募を決めることになるだが、求人情報に書いてある勤務条件がま...
2020.06.25
仕事、自己啓発

「辞める」なんて言えない…社員を洗脳し社畜化するブラック企業の実態とは?

基本的に会社を辞めるのは従業員の自由であり、会社が無理やり引き留めることはできません。辞めたいという社員を辞めさせないのは法律違反であり、従業員は退職のルールに従えば、自由に辞めることができます。 それにもかかわらずブラック...
2019.09.25
仕事、自己啓発

「ブックメーカー投資で絶対に稼げる」といわれ50万の怪しい商材を売りつけられた話【実体験より】

渋谷や池袋のルノアールなんかにいくと、就活真っ最中の大学生が怪しいビジネスの勧誘を受けているのをよく見かけます。 僕も大学生3年のちょうど就活を控えている時期に、「絶対に稼げる」と言われ、30万のツールと20万の講座を売りつけられた...
2020.07.02
仕事、自己啓発

「休日、起きたら夕方だった」そんな自分を責めるなんてただのドMだ!

「休日、起きたら夕方だった」「何かしようと思ってボーっとしていたら夕方になっていた」 そんな休日を過ごして虚しくなったり、自分を責めたりしていませんか? しかし「起きたら夕方だった」、そんな贅沢な休日を過ごした自分を責めるてし...
2020.06.25
未分類

サイトマップ

2019.03.15
社会系

「世界は5分前につくられた」を否定することができるか?ー【ゾンビ哲学】の本を読んで

「世界は5分前につくられたかもしれない。自分も、自分の記憶も、両親も友達も。この世界のすべてが」 そんなことを大真面目に言い始めたら「きみ、何いってんの?」とつっこむと思います。 でも、実は「世界は5分前につくられた」を否定す...
2020.03.31
社会系

哲学が難しい理由は、哲学者がわざと難しい言葉を使っていたからだった|【ゾンビ哲学】より

「哲学ってなんだか難しそう」「興味はあるけどとっつきにくい」 そんなイメージを持っていませんか? 僕も哲学には興味があって、書店や大学の図書館で哲学の本を手に取ったことがあります。 しかし、理解できない言葉のオン...
2020.03.31
社会系

人はやっぱり見た目で人を判断してしまうのか?|「ソンビの哲学」を読んで

異性を判断するとき、外見だけで判断することがあります。男は特に。外見至上主義の男もいるぐらいです。 「異性を外見で選ぶことは、あまりいいことではない」「外見ではなく中身で人を判断するのが誠実、かっこいい」 そんな風潮も。 ...
2020.07.02
書評・書感

日本は弱者に厳しい・冷たい人が多い|「奨学金地獄」を読んで

自力で生活ができない人がいる場合、政府が税金で救ってあげるべきかどうか? この問いについて日本人は、「貧困は自己責任なんだから、政府が救う必要はない」と考える人が多くいます。 つまり、日本は弱者に対してとても厳しい人が多いわけ...
2020.07.02
書評・書感

日本には給付型の奨学金がない!若者を育てる気がないヤバい国?ー「奨学金地獄」を読んで

奨学金が返せない、奨学金が原因でブラック企業を辞められないなど、奨学金に関してニュースになることがあります。 そんなわけで奨学金に興味をもって、「「奨学金」地獄 (小学館新書)」を読んでみたのですが、日本の奨学金制度、日本の若者に対...
2020.06.25
社会系

難しい哲学をわかりやすく解説した哲学入門書【ゾンビの哲学に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした】感想・書評

「哲学に興味はある、勉強してみたい。でも、哲学って難しそうでとっつきにくい」 【(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。】 この本は、そんな方のために哲学をわかりや...
2020.03.31